マミヤスケッチ


Mamiya Sketch + MAMIYA-SEKOR 1:2.8 f=3.5cm / ILFORD DELTA 100

マミヤスケッチ

 宮部甫氏の設計。マミヤスケッチは当初、ペンタゴン社のペンティをヒントに距離計のないハーフサイズのシンプルな小型カメラとして計画したものだった。しかし、社長からの注文・製造部の仕様変更等により「私の最初のオリジナリティはすっかり失われてしまい、特徴のないカメラになってしまった。」という。それゆえか、不可解な巻き戻し矢印、取扱いに起因する故障のしやすさなど、返品続出であまり台数は売れなかったとある。

続きを読む

Yashica Pentamatic


YashicaPENTAMATIC + SUPER YASHINON-R 1:2.8 f=10cm / FUJIFILM C200 (Cropping)

Yashica Pentamatic

 ヤシカは大衆機のイメージが強いが、1960年に一眼レフ参入当初、オリジナルパヨネットマウントの中高級カメラを出していた。しかしレンズ調達やコストの問題に直面し、早々に大衆機路線のヤシカペンタJに切り替わる。その間約一年半の短命な発売期間であった。

続きを読む

Carl Zeiss Jena Tessar f:2,8 f=5cm


Tessar

 旧コンタックスマウント1938年製の沈胴式Jena Tessar 5cm F2.8。当初高感度のフィルムで開放付近で撮ると、光が散らばるような描写になったのだが、低感度のDELTA100やFP4で引き締まった安定した絵になった。古いレンズをデジタルで撮る場合、欠点が目立ってしまうときがあるが、当時と比べて非常に性能が良い現代のフイルムでも、ある程度感度を抑えたほうが良いのかもしれない。キレのある目の覚めるようなシャープさと自然なボケ。その後生み出された数々のレンズの規範となる銘玉。

続きを読む