Nikon FM


NikonFM

 ニコンFM系のデザインは今も人気があり、現代のニコンのカメラに対しこのスタイルを求める声は多い。ただ、各方面で指摘されているように、単なる昔の焼き写しではあまり成功しないのではという見方もある。富士フィルムが成功しているのは他社にない色と技術を持っているからであり、クラシックなスタイルでも古さは感じない。ニコンの色や絵作りと言ってもなかなかイメージが湧かないが、逆にそのニュートラル性が、自分のスタイルを組み上げていく玄人には好まれるものの、そこまで追い込まない一般の人たちにはなかなか響いてこないところにニコンの苦悩があるのかもしれない。

続きを読む

TANAR H.C. f:1.5 5cm


Zeiss Ikon ZM + TANAR H.C. f:1.5 5cm / FUJI 100

TANAR H.C. f:1.5 5cm

 タナーと共に向ヶ丘遊園駅〜生田緑地〜登戸を歩いた。主にTANACK SDとKodak Ektarで、リバーサルフィルムでは正確な露出が欲しいのでZeiss Ikon ZMを使用した。途中NICCA TYPE 33とNICCA50mmF2.8でも数枚撮っている。

続きを読む

Mondrian


Canon PowerShot G10

モンドリアン

 新宿にモンドリアンが来ていたので観に行った(2021年4月25日から臨時休館中)。初期の風景画から水平垂直の線で構成された有名な抽象画まで年代を追って鑑賞することができる。展覧会としては「新造形主義」確立以降のコンポジション作品が少ないので少々物足りないかもしれないと思っていたが、日を変えて数回観るうちに、個人的にいくつか気付くことがあったので少し書き残しておこう。

続きを読む