仙人が作ったレンズ


ミノルタ

 今なお、かつて存在していたカメラメーカーであるミノルタを懐かしむカメラ好きは多い。1980年代に多感な時期を過ごした世代にとって、印象的だったX-7のCMや、プロ向けの硬派なイメージのあるニコンやキヤノンにはないスマートさを実体験として記憶しているし、2000年代前半、神尾健三氏をはじめ、かつてミノルタに在籍していた技術者たちが社内での出来事を、様々なレビュー誌や書籍に書き残してくれたことも大きく影響しているのではないだろうか。ミノルタに関することを調べて行くと、その技術者たちが口を揃えて言及している人物がいる。今回その強烈な存在であるレンズ設計者にスポットをあて、また彼をモデルにして登場させている小説と、彼の残したレンズをレビューしてみた。尚、本稿は木辺弘児著「ズガ池堤の家 *[1] 2001年 木辺弘児
(大阪文学学校●葦書房)
」、「日々の迷宮 *[2] 2005年 木辺弘児(編集工房ノア)」の内容を含みますので、未読の方はご注意ください。

続きを読む

新製品の期待と失望



Leica M3、NikonSP

新製品の期待と失望〜ニコンSP

 2018年8月23日、ニコンは新型カメラZ7、Z6を発表した。Zマウントという新たなニコン独自のマウントシステムを採用しての誕生である。フルサイズミラーレスカメラで先行しているソニーαとの比較や、ほぼ同時期に発表されたライバルであるCanonの新型カメラEOS Rなど、それぞれカメラの機能について各方面で議論が激しくなっている。カメラの新機種が出るたびに行われるいつもの光景ではあるが、今から約60年前の頃のカメラ雑誌を読むと、今と同じような状況であったのがうかがえる。1957年、ニコンはNikonSPという高級レンジファインダーカメラを誕生させた。しかし、1954年に登場したライカM3に匹敵する初の国産カメラとしての前評判が高くなり過ぎたせいか、いささか期待はずれで辛口の評価を受けてしまったと伝わる。今回はその当時の状況を少し紐解いてみる。

続きを読む